インテリアコーディネーター・広報企画 佐藤 しず 

■名前:佐藤 しず
■ニックネーム:しず
■誕生日:12.27(やぎ座)
■血液型:A
■出身:東京(生まれだけ愛媛)
■所属・役職:インテリアコーディネーター、モデルハウス、お客さま担当
■資格・特技:インテリアコーディネーター、リビングスタイリスト、
住宅ローンアドバイザー、保育士、幼稚園教諭、どこでも瞬時に寝られること
■入社年月日:平成18年4月
■趣味・休日の過ごし方:旅行(国内外問わず)子どもたちとサッカー 買い物が定番。

仕事内容を教えてください。
助手ですね。コーディネーターとして、お客さまのところへ行ったり、
イベントの提案や企画を考えたり。お客さまにわかりやすく住宅のことを
伝えるためにどうしたら…いつもそんなことを考えながら仕事をしています。

この会社に入った理由を教えてください。
両親、夫がこの会社にいたからという理由もありますが、実は小学生のころの
夢で“インテリアコーディネーターになる!”と公言していたくらいインテリアが
好きでした!また以前は保育士として働いていたので、子育てママ目線を住宅の
ご提案にも活かせたらいいなと思ってます。

この仕事をやっていて良かったことは何ですか?
お客さまに「ありがとう」「頼んでよかった」と仰っていただけるととても
うれしいです。「あなただから」と依頼して頂くことは、重圧も感じますが
やりがいです。また、最近はダイケン通信を「いつも読んでるよー」と沢山声をかけて
頂けるようになったことが何よりうれしいです。

今の仕事の大変な所を教えてください。
お客さまとの信頼関係を築けるようにしていく努力が
足りず、ご心配やご迷惑をおかけしてしまった時に
反省します。(説明の仕方が理解しづらかった時
など)今はお互いのイメージの共有ができるよう、
やり取りを書面にしたり、本や雑誌の写真を持ち
寄ったりと日々工夫をしながら打合せに臨むように
しています。

社内でこれをやらせたら右に出るものはいないことは何ですか?
文章を書いたり、お手紙を書いたり。イベントを企画することは好きなので、
自信を持って、取り組みたいなと思います。

 

今後仕事(もしくはプライベート)で実現したい夢は?
ダイケン住宅をもっと身近な工務店にしたいと思って
います。
ほらっ、工務店ってなんとなく恐いし気軽には入り
づらいじゃないですか?
私は入りづらい(笑)。せっかくダイケン住宅は地元の
お客さまの立場に近いスタッフが沢山いるので、
まずは身近に感じてもらいたいなぁと思っています。
その中でもし、家を建てる機会があれば木造ドミノ住宅に住んで頂き、明るく楽しい家庭をつくって頂けたらなぁと思います。