お客様の声 [島田さま]

〔インタビュアー〕大元 〔お客様〕ご主人奥様

~家を建てるきっかけ~
大元:今日はインタビューといっても、ざっくばらんに話して頂ければと思いますので、よろしくお願いいたします。
ご主人:はい、お願いします。
大元:そもそも、家を建てようと考えたキッカケは何だったんですか?
ご主人:以前は社宅住まいだったんで、いずれは自分の家が欲しいというのはありました。で、当然そのつもりだったんで先に土地を購入していたんです。
大元:なるほど。お子さまがちょうど中学校、小学校入学に合わせた時期でもありましたよね。
ご主人:ええ、やっぱり生活が大きく変わりますから、いつからというのはしっかり計画を立ててやってましたね。
大元:大事なことですよね。で、そんな中、我々が奥さまと出会いしたのが初めてでしたっけ?
奥さま:そうですね。私が“家づくりの会”で勉強している時に、設計士の新島さんと出会ったんです。それがキッカケで本格的に家づくりが始まりましたね。
ご主人:大元社長とは住宅会社のイベントでお会いしたんだよね?
奥さま:そうそう、あの時初めてだったわね。
大元:そして理想の家づくりが始まったと。
奥さま:そうですね。

~理想の家とは?~

大元:それでは、家づくりを始めた当時、島田様にとって理想の家とはどういったものだったのでしょうか?
ご主人:理想の家かぁ。まぁ、この家のような住まいが理想でしたよね。
大元:ありがとうございます。具体的にはどういったところでしょうか?
ご主人:そうですね…まず、リビング。一番長くいるのってリビングじゃないですか。そのリビングが2階にあってすごく日当たりがいいんですよね。その上、床暖房で快適だから。自然と家族も長時間そこにいたりしますね。
大元:はい。
奥さま:あと、子ども部屋がロフトになっているので完全な個室になっていなところがいいですね。常にいる感覚がわかるっていうか、やっぱり家族ですから、そういうのを大事にしているのもいいですよね。
大元:いずれ、大きくなったときに個室にするのは可能ですからね。今は家族の息遣いが、聞こえる方がいいかもしれませんね。

大元:では、家づくりを終えて、あの時「こうしておけば良かったな~」ということはありますか?
ご主人:基本的には満足してるから無いけど…。あぁ、バルコニーの屋根のことかな。1/2しか屋根がかかってなかったんですよ。もちろんそれには理由があって、設計士さんは風通しを考えてくれてたんだよね。
奥さま:ええ、でも洗濯物を干したいっていうのがあったんで、屋根はあった方がよかったかな~って
大元:なるほどですね。そのあたり難しいですよね。
ご主人:私たちからは、住みやすさについての注文が多かったですね。実際に住むのは私たちですから、その辺の感覚や使い勝手を。今思うと、設計士さんとも打ち合わせの段階からもっといろいろ話していても良かったかなとも思います。
奥さま:そうね。でも言い出したらきりがないからね。
ご主人:うん。そうだな。

住んでからの感想
大元:それではマイホームに住んでみての感想や気づいた点とかってありますか?
ご主人:そうですね。比較的メンテナンスの必要が少ない家だと思います。さらに塗装をすればもっと長持ちするんだろうけど。でもそれは個人の好みと予算の兼ね合いじゃないんでしょうか。
大元:はい。
奥さま:あ、あと子どもの友達も多く遊びに来るんですけど。「島田の家は変わってていいよな~」と話題になっていることがありましたよ。
ご主人:へ~そんなことあったんだ。

ちなみに・・・

大元:ちなみに弊社で決めて頂いた理由は何だったのでしょうか?
ご主人:理由というか、付き合いも長いからね。さっきの話にも出た、“家づくりの会”で社長とお会いした時はまだ大元社長はまだ独立していなかったんじゃない?
大元:ええ、そうでしたね。
ご主人:そうそう。その会社の社員として大元社長と打ち合わせをしていて、その最中、社長が独立したんですよね。
奥さま:引き続き大元社長にやってもらおうというわけで、その後設計士さんの了解を経て、移行していったのよね。思ったよりもスムーズだったのは良かったです。
大元:あの時は本当にありがとうございました。
ご主人:いえいえ、だからダイケン住宅に決めた理由というか、そういう感覚は特にないんだよね。むしろ、大元社長に“決めた”という感じかな.
奥さま:そうね~。社長の人柄っていったら。
ご主人:なんか一生懸命やってくれそうな気がしたんだよね。
奥さま実際、こんなに一生懸命やってくれましたし。
大元:そこまで言っていただいて、恐縮しますね。
ご主人:だって建築中に設計変更をしてもらえたし、竣工後も直してもらえたりするので、本当にありがたいですよ。改めて、これからもよろしくお願いします。
大元:いえいえ、とんでもございません。こちらこそよろしくお願い致します。